顔立ちがはっきりしている女性

仙台ソープ事情

東北地方の最大都市の仙台は、特殊浴場、俗に言うソープが在る街として風俗ファンから認知されています。仙台市というと、東北地方にいる女性で風俗で働くのには、利…

きれいな女性

仙台ソープは事前に予約して遊ぼう

仙台でソープを利用したい方は要チェック
仙台の極上癒し空間を提供するソープはこちらからご利用いただけます。仙台のソープ嬢たちは男性に癒しを与えることに長けています。その特徴を実際に仙台でソープを利用することで経験してみましょう。


仙台で風俗遊びをするのであれば、絶対にオススメなのが仙台ソープです。東北地方ではなかなか楽しめないソープが楽しめるということもあって、その数自体は少ないながらも仙台以外からもソープ目当てに仙台に訪れるという方も少なくありません。そんな仙台ソープですが、その数は6軒ほどと少なく仙台最大の繁華街と言われる国分町という所に集まっています。
メイン通りの近くに2軒、他は国分町の各地に点在しています。国分町は繁華街とはいえソープ街というわけではありませんから、ソープ目当てではない方も多く来ているので、日が高いうちからソープを楽しもうとすると、ちょっと戸惑うかもしれません。仙台のソープは、数が少ないこともあってどこの店も常に客がいるような状況ですから、遊ぶ前に予約を入れておくことをオススメします。
人気店ですと出勤している全ての嬢が埋まってしまって、フリーで訪れても遊べないということもあるようですから、電話受付が始まったらすぐに予約を入れるべきでしょう。人気店の人気嬢ともなれば、電話合戦になることも覚悟しておきましょう。仙台ソープは、どこも価格設定が低めになっているので、指名料がプラスされても東京のソープよりも安くあがります。指名料をケチらず、事前の準備をしっかりしておくことがスムーズに遊ぶコツなのです。

仙台のソープに突入!

東北地方の雄、宮城県の「仙台」に遊びに行きましょう!仙台市内には、数々の観光名所があります。なかでも仙台藩主だった「伊達正宗」の騎馬に乗った銅像が印象的な、「青葉城址」はお勧めの場所です。
青葉城址がある「青葉山」は高台にありますので、仙台市内を一望することができます。夜は夜景を楽しむことができる魅力的な場所です。そんな素敵な青葉城址から仙台駅前に帰る途中、「国分町」に、東北地方で最も大きな風俗街があります。仙台市内からはもちろん、東北地方や北関東在住の男性が、国分町の風俗街を目指して訪れます。
駅前からアクセスが良い国分町に、これほどの規模の風俗街があるのは意外なくらいです。風俗サービス好きの男性は、青葉城址の帰り際に、ぜひ国分町を覗いてみてください。魅惑的なファッションヘルスが立ち並び、その中には風俗の王様「ソープランド」もあります!
めくるめく国分町のヘルスとソープのそろい踏みに、どんな男性でも興奮を隠しきれないと思います。まずはヘルス利用…いや、いきなりソープに行ってやれ!などと男性の心は大きく揺れそうです。入浴料、サービス料金、指名料などを良くチェックして、自分好みのソープ嬢さんがいるソープに突入してみましょう!

仙台のソープのシステムなどに関する特性

仙台でソープの業種を専門的に営業している店舗は少ないが、最近は繁華街の付近にある仙台のソープが男性客に有名になっています。昔から制定されていた法などの規制で新規に立てる経営者が少なかったが、人情が厚いキャストを取り揃えている店が多いので、仲良くなりながらサービスを楽しめる事に定評があります。基本的に市街地の近くに仙台のソープが存在している事を考慮すると、お気に入りの店舗を選びやすい事が特徴です。
60分のコースで遊ぶ時には、入浴料は3千円から8千円の範囲内で設定している傾向です。首都圏などに存在する煌びやかな店舗は存在しないが、総額でも2万円以内で沢山のサービスを楽しめる事が醍醐味です。部屋に案内される時には私服で出迎えるソープ嬢が多いが、最近は可愛らしい服や和服を着たキャストが明るく出迎える傾向です。
可愛らしいバニー服を着て気持ち良く出迎えてくれたり、広めの部屋で疲れを癒しながら低価格で楽しめる嬢が増えています。極上のサービスを提供してくれる嬢や店は見かけないが、首都圏に存在している高級店の上に負けない程度の接客のレベルを持っている嬢が多い事が仙台のソープの良い点です。店舗によって雰囲気が異なっているが、接客を行う時の雰囲気の良さに定評があります。

UPDATE POST

NEW2017年04月13日
ハイレベルな仙台のソープを追加しました。
NEW2017年04月13日
仙台に来たら仙台牛とソープを追加しました。
NEW2017年04月13日
仙台ソープ事情を追加しました。
NEW2017年04月13日
仙台ソープは安全で取り組みが素晴らしいを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP